イギリスの『デイリー・メール』によると、写真家のブレント・チゼック氏は米ミネソタ州北部のベミジ湖で、1羽のメスのカモが76羽の子供の世話をし、一列に並んで歩く心温まる光景を撮影した。

32歳のこの写真家は取材に対し、「コウライアイサのこのような現象は珍しい。コウライアイサは卵を複数の巣に入れるため、孵化するときに別のメスガモの卵と一緒になる。1羽のカモが孵化させるのは多くて20個ほど。写真の中のこのメスガモが連れているのは一部は自分の子供で、別のメスが産んだ子も混ざっている可能性が高い。湖にいる全ての子ガモの面倒を見ている可能性もある」と話した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年7月30日

イギリスの『デイリー・メール』によると、写真家のブレント・チゼック氏は米ミネソタ州北部のベミジ湖で、1羽のメスのカモが76羽の子供の世話をし、一列に並んで歩く心温まる光景を撮影した。

32歳のこの写真家は取材に対し、「コウライアイサのこのような現象は珍しい。コウライアイサは卵を複数の巣に入れるため、孵化するときに別のメスガモの卵と一緒になる。1羽のカモが孵化させるのは多くて20個ほど。写真の中のこのメスガモが連れているのは一部は自分の子供で、別のメスが産んだ子も混ざっている可能性が高い。湖にいる全ての子ガモの面倒を見ている可能性もある」と話した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年7月30日

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年7月30日