img0

習近平中共中央総書記(国家主席、中央軍事委員会主席)は11日午前、中国共産党第19期中央紀律検査委員会第2回全体会議で重要談話を発表した。新華社が伝えた。

習総書記は「中国の特色ある社会主義の新時代にあって、偉大な事業を完成するには党の指導によらなければならず、党は新たな気概と行為がなければならない。第19回党大会の精神を全面的に貫徹し、再び出発し、永遠に途上にあるとの粘り強い意識で全面的に厳格な党内統治を深め、全面的に厳格な党内統治の新局面を切り開く必要がある」と強調。

「全面的に厳格な党内統治を深く推し進め、第19回党大会の精神を全面的に貫徹し、新時代の中国の特色ある社会主義思想を指導に、『4つの意識』を強化し、『4つの自信』を揺るぎないものにし、党の全面的指導の堅持と強化をしっかりと押さえ、党中央の権威と集中統一指導の維持をしっかりと押さえ、党の政治建設、思想建設、組織建設、作風建設、紀律建設を全面的に推し進め、反腐敗闘争を深く推し進め、堅持の中で深化し、深化の中で発展し、党内政治生態の根本的好転を実現し、党の創造力、凝集力、戦闘力を強化し続け、小康社会(ややゆとりのある社会)の全面的完成、社会主義現代化国家の全面的建設に最終勝利するための揺るぎない保証を提供する必要がある」と指摘した。(編集NA)

「人民網日本語版」2018年1月12日