四川省文物考古研究院は6日、新たな発見を発表した。考古学者は羅家壩遺跡の4回目の発掘調査により、今から4500-5300年前の新石器時代の痕跡を発見した。これにより同遺跡は中国嘉陵江流域で今まで見つかっている、最も厚く堆積した、継続時間の最も長い新石器時代遺跡となった。

四川省文物考古研究院は6日、新たな発見を発表した。考古学者は羅家壩遺跡の4回目の発掘調査により、今から4500-5300年前の新石器時代の痕跡を発見した。これにより同遺跡は中国嘉陵江流域で今まで見つかっている、最も厚く堆積した、継続時間の最も長い新石器時代遺跡となった。

四川省文物考古研究院は6日、新たな発見を発表した。考古学者は羅家壩遺跡の4回目の発掘調査により、今から4500-5300年前の新石器時代の痕跡を発見した。これにより同遺跡は中国嘉陵江流域で今まで見つかっている、最も厚く堆積した、継続時間の最も長い新石器時代遺跡となった。

四川省文物考古研究院は6日、新たな発見を発表した。考古学者は羅家壩遺跡の4回目の発掘調査により、今から4500-5300年前の新石器時代の痕跡を発見した。これにより同遺跡は中国嘉陵江流域で今まで見つかっている、最も厚く堆積した、継続時間の最も長い新石器時代遺跡となった。

四川省文物考古研究院は6日、新たな発見を発表した。考古学者は羅家壩遺跡の4回目の発掘調査により、今から4500-5300年前の新石器時代の痕跡を発見した。これにより同遺跡は中国嘉陵江流域で今まで見つかっている、最も厚く堆積した、継続時間の最も長い新石器時代遺跡となった。

四川省文物考古研究院は6日、新たな発見を発表した。考古学者は羅家壩遺跡の4回目の発掘調査により、今から4500-5300年前の新石器時代の痕跡を発見した。これにより同遺跡は中国嘉陵江流域で今まで見つかっている、最も厚く堆積した、継続時間の最も長い新石器時代遺跡となった。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2017年12月7日