浅草寺、ロウソクに火をつける女性

劉衛兵

20年前の1997年10月から11月にかけて、筆者は中国青年代表団「百人団」とともに日本を訪問した。その1カ月間、日本側は日本人教師からの日本語学習、専門家による講義、工場・企業、中学・高校・大学の見学、街や古跡の観光、日本の青年との合宿交流、日本人家庭での宿泊などを手配した。日常の活動に参加したほか、カメラを持って街や多くの日本人を撮影し、面白い光景を目にした。

日本から帰国後、数百枚の写真の中から一部を選び、写真集『日本人印象』として出版した。その後、この写真集は中日両国から中日青年交流の成果と認められ、多くの中日の友人に贈られた。(写真はWeChat公式アカウント「兵哥記事」より)

「中国網日本語版(チャイナネット)」2017年12月7日

渋谷、若者の楽園

NHK、偶然会った数人の女の子

京都、訪日期間中、いたるところでお辞儀する人を見かけた

東京ディズニーランド

東京大学図書館

宮島の海辺、老人と鹿

街中の販売員、フジカラーのフィルムを売っている

深夜に通った24時間営業の店、女性店主が子供をおんぶして店番をしている

京都、髪を縛ってスーツを着たかっこいい老人

休み時間、畳でトランプをする小学生

栃木県宇都宮市、家庭科の授業を受ける小学生。幼い頃から料理や家事を学ぶ

栃木県宇都宮市、家庭科の授業を受ける小学生。幼い頃から料理や家事を学ぶ

栃木県、剣道の授業の後に瞑想する学生。日本の多くの中学校に剣道の授業があり、学生に礼儀、勇敢、我慢強さを学ばせる

中学校の保健の授業。先生が女子生徒に男の子の生理的特徴を教えている

柏村恵子さんの民宿に3日間泊まり、毎日様々な活動を用意してくれた。長女の真弓さんが民俗館に連れていってくれた。時間が空いてタバコを一緒に吸っていると、彼女は「お母さんには内緒」と言った。

1998年に出版された写真集『日本人印象』。柏村恵子さんは北京を訪問した際、「表紙の花嫁にあげる」と言って1冊余分に持ち帰った

中日青年交流、上の写真の中で誰が中国人で誰が日本人かわかるだろうか

上野動物園、動物保護のPR

山梨県、夕方の漁船と湖の風景

京都、歌舞伎の格好をした女性

広島、原爆慰霊碑に花を供える老人

「中国網日本語版(チャイナネット)」2017年12月7日