米韓空軍が4日、年間大規模合同軍事演習「ビジラント・エース」を開始し、半島情勢の緊張ムードが高まった。日本と韓国は5日、来年の軍事計画を発表した。両国は各自の軍隊に、強力な武器を持たせようとしている。

日本:巡航ミサイル配備を検討

日韩相继曝出明年军事计划 将给各自军队下重码

資料写真

ロイター通信は消息筋の話として、日本政府が来年の防衛予算に、高精度航空ミサイル調達費を計上する方針を固めたと伝えた。

この消息筋によると、日本政府はF-15戦闘機に米製高精度巡航ミサイル「JASSM-ER」を搭載することを検討する。同ミサイルは1000キロ離れた標的にも命中する。またフジテレビによると、政府はノルウェー製「JSM(統合打撃ミサイル)」を導入する方針を固めている。同ミサイルはF-35戦闘機に搭載可能で、500キロ離れた地上の標的と船舶を攻撃できる。

日本は来年4月からの防衛予算内での調達を検討している。ミサイル導入にかかる費用はまだ計上されていないが、政府は補正予算案に計上する可能性がある。

しかし日本国憲法によると、自衛隊は射程距離300キロ内の対空・対艦ミサイルしか保有できない。日本が本当に中・長距離ミサイルを導入すれば、物議を醸すことになる。

韓国:軍用無人機戦闘団を発足

日韩相继曝出明年军事计划 将给各自军队下重码

資料写真

韓国英字紙『The Korea Herald』によると、韓国軍は来年、軍用無人機の作戦単元を設立する。韓国陸軍はこれを「dronebot」(ドローンとロボット)と呼んでいる。

韓国軍の当局者は「陸軍は無人機部隊の発展をけん引する専門的な組織の設立を検討している。軍は標準化プラットフォームを構築し、作戦機能に基づき無人機プロジェクトを展開する」「我々は来年、軍用無人機戦闘団を発足する。これは戦争におけるゲームチェンジャーになる」と話した。

同氏は「この無人機戦闘団は敵国のミサイル発射場などの重要な場所を偵察し、不測の事態が生じれば大量の無人機で標的を集中攻撃する」と述べた。

各国が武器配備を強化し、軍事力をアピールするなか、朝鮮半島は戦争の影に覆われている。中国外交部の耿爽報道官は4日「現在の朝鮮半島情勢は非常に敏感だ。我々は各国が地域の緊張緩和に取り組み、相互刺激を回避することを願う」と発言した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2017年12月7日