日本メディアによると、東京の羽田空港を運営する日本空港ビルディングが越境ECサイトと網易考拉海購(Kaola.com)に「羽田空港海外旗艦店」を出店することがわかった。中国の消費者にコストパフォーマンスの高い日本製品を提供するという。

報道によると、日本空港ビルディングは対中輸出業務を行う大河実業株式会社、保税区に保税倉庫を保有する優貝国際貿易公司と共同で旗艦店を開設。

網易考拉海購はインターネット大手の網易傘下の日本空港ビルディングが越境ECサイト。2017年10月、日本のチェーンドラッグストアのキリン堂も網易考拉に出店している。

経済データ分析機関のiiMedia Researchが発表した中国の越境EC市場の最新データによると、2017年上半期、網易考拉海購は中国の越境EC市場で24%のシェアを握り、トップに立った。天猫国際は20%、唯品国際は16%、京東全球購は13%、洋碼頭は6%。また調査によると、中国の越境ECサイトのユーザーは5800万人に達し、2018年には7400万人になる見通し。

日本の経済産業省が4月に発表した「電子商取引実態調査」によると、2016年の日本の対中電子商取引の市場規模は約1億4000万円で、2020年には1億9000万円に達する見通し。

経済データ分析機関のiiMedia Researchが発表した中国の越境EC市場の最新データによると、2017年上半期、網易考拉海購は中国の越境EC市場で24%のシェアを握り、トップに立った。天猫国際は20%、唯品国際は16%、京東全球購は13%、洋碼頭は6%。また調査によると、中国の越境ECサイトのユーザーは5800万人に達し、2018年には7400万人になる見通し。

日本の経済産業省が4月に発表した「電子商取引実態調査」によると、2016年の日本の対中電子商取引の市場規模は約1億4000万円で、2020年には1億9000万円に達する見通し。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2017年11月15日