2022年北京冬季オリンピックの準備において、先進的でエコなコア技術は準備作業を科学技術面で支えている。

冬季オリンピックの招致成功から約2年が経ち、中国体育科学学会、河北省体育局、張家口市崇礼区政府が主宰する「2017年科学技術冬季オリンピックフォーラム・スポーツ科学技術製品展示会」が28日に崇礼区で開かれた。同展示会は科学技術冬季オリンピックが知的支援を行うことを目的とし、参加者が科学技術冬季オリンピックについて話し合った。

中国体育科学学会の段世傑理事長によると、北京冬季オリンピック組織委員会、国家体育総局、北京科学技術委員会、河北省科学技術庁は科学技術部の『科技冬季オリンピック2020行動計画』の要求に基づき科学技術冬季オリンピックの重点プロジェクト実施案を作成した。

北京冬季オリンピック組織委員会全体企画部の徐達元部長は、「安全、信頼、低コストは科学技術冬季オリンピックの魂である。中国の先進技術は冬季オリンピックの腕の見せ所であり、安全で信頼でき、低コストにも努める必要がある」と述べた。

徐達氏は、冬季オリンピックの3分の1が屋外で行われるため、気象面の科学技術が最重要課題だと考えている。また、タイマー、新材料、水資源循環利用なども重要となる。

「先進的な科学技術を気象、造雪、ケーブルカー、蝋引き、照明、冷房、除湿、スマートスケートリンクなどの各方面に利用することで、少ない労力で効果を上げることができる」と、国家体育総局ウィンタースポーツ管理センターの趙英剛元主任は話した。

中国工程院の趙沁平院士は、VRと冬季オリンピックを合わせる必要があると考える。例えば、VRシステムを使ったウィンタースポーツの練習のサポート、冬季オリンピックのセキュリティプランやマニュアルの制定と演習、冬季オリンピックの歴史、競技、会場などである。

河北省体育局の李東奇副局長は、「河北省は科学技術を冬季オリンピックの準備の強力なサポーターとし、経済構造の調整、生態環境の管理、民生事業の改善を進めていく」と述べた。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2017年8月12日