習近平国家主席は6月22日、オンライン形式でBRICSビジネスフォーラムの開会式に出席し、基調演説を行った。

その中で習主席は、「現在、世界は百年間なかった大変動と世紀の疫病となった新型コロナウイルス感染症が互いに交錯し、安全上における様々な挑戦が次々と現れ、世界経済の回復は困難を極め、世界規模でその発展が深刻な挫折を味わっている。世界はどこに向かっていくのだろうか?平和か、それとも戦争か?発展か、それとも衰退か?開放か、それとも閉鎖か?協力か、それとも対抗か?これらは私たちの目の前に置かれた時代からの問いかけだ」と指摘した。

そして、「歴史という長い川の流れは、時に穏やかで、時に荒々しい流れとなるが、どんな時も常に前に向かって流れていくものだ。国際情勢は移ろいやすいものの、開放と発展の歴史的な大勢は変わらず、手を携えて協力し、共に挑戦に立ち向かうという願いも変わることはない。私たちは歴史と発展の法則を正確に認識し、一時の事象に惑わされず、リスクを恐れず、勇敢に挑戦と向かい合い、人類運命共同体を構築する目標に向かって勇ましく前進していかなければならない」とした。

さらに、「私たちは団結して協力し、共に世界の平和と安定を守らなければならない。そして見守り助け合って、共に世界の持続可能な発展を促進していかなければならない。また同舟相救い、共に協力してウィンウィンを実現していかなければならない。さらに包容して蓄え、共に開放と融合を拡大していかなければならない」と力強く語った。(編集TG)

「人民網日本語版」2022年6月22日