拉市農村振興モデルパーク(田園総合体)建設特別テーマ推進会議で23日、麗江市が農村振興戦略の目的に応じて、生態、特色、拠点、規模、業態、品質、インテリジェント、主体、市場を備えた拉市農村振興モデルパークに全力を尽くす方針が示された。

拉市農村振興モデルパーク(田園総合体)建設特別テーマ推進会議の様子(11月23日撮影)。

麗江市玉竜納西族自治県拉市鎮で進める拉市農村振興モデルパーク(田園総合体)プロジェクトは中心区と周辺放射区で構成され、総面積が69.86平方キロメートル、総投資額は約35億8300万元に上る。同プロジェクトは雲南省省委・省政府が「一流の産業拠点+農村観光+美しい農村」の農村振興モデルパークを建設するという要求に基づき、生態を優先として山の修復、水の管理、湿地の修復、流域の管理などの措置を重点的に実施する。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年11月27日

麗江市の指導者が拉市農村振興モデルパーク(田園総合体)プロジェクトを視察する様子。

麗江市の指導者が拉市農村振興モデルパーク(田園総合体)プロジェクトを視察する様子。