写真はCFPより

コミュニティAI食堂は上海市虹橋路にある。敷地面積は約133.74平方メートル。食堂の設計から運営に至るまで、人工知能(AI)技術が活用されている。

食堂はデジタル化中国8大料理調理機能を持つ。自動分配、自動テイクアウトが可能で、マイクロ波加熱装置を備える。またアルゴリズムによって温度と湿度を調整できる。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年8月4日

写真はCFPより

コミュニティAI食堂は上海市虹橋路にある。敷地面積は約133.74平方メートル。食堂の設計から運営に至るまで、人工知能(AI)技術が活用されている。

食堂はデジタル化中国8大料理調理機能を持つ。自動分配、自動テイクアウトが可能で、マイクロ波加熱装置を備える。またアルゴリズムによって温度と湿度を調整できる。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年8月4日

写真はCFPより

コミュニティAI食堂は上海市虹橋路にある。敷地面積は約133.74平方メートル。食堂の設計から運営に至るまで、人工知能(AI)技術が活用されている。

食堂はデジタル化中国8大料理調理機能を持つ。自動分配、自動テイクアウトが可能で、マイクロ波加熱装置を備える。またアルゴリズムによって温度と湿度を調整できる。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年8月4日

写真はCFPより

コミュニティAI食堂は上海市虹橋路にある。敷地面積は約133.74平方メートル。食堂の設計から運営に至るまで、人工知能(AI)技術が活用されている。

食堂はデジタル化中国8大料理調理機能を持つ。自動分配、自動テイクアウトが可能で、マイクロ波加熱装置を備える。またアルゴリズムによって温度と湿度を調整できる。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年8月4日