西藏族農民の尼瑪次仁さんは幼い頃から人から物語を聞くのが好きで、中でも祖母から西藏劇の話を聞くのが一番好きである。ある時、尼瑪次仁さんは村の麦置き場に西藏劇を見に行った。

1987年、当時16歳だった尼瑪次仁さんは、西藏山南地区乃東県昌珠鎮の雅隆扎西雪巴西藏劇団の役者の白瑪頓珠さんに気に入られ、放牧家の子供から役者になった。尼瑪次仁さんは、違う世界になったと感じたという。

しかし、尼瑪次仁さんの西藏劇役者の道は順風満帆ではなかった。彼が所属する劇団は一度解散の危機に直面し、みんなで話し合い、劇団を続けることになった。

劇団は残ったが、尼瑪次仁さんのステージに立つ夢は簡単には叶わなかった。しかし、西藏劇に情熱を持っていた彼は積極的に勉強し、先輩たちからその他の役の演じ方のコツを学んだ。彼は14年かけて西藏劇の全ての役の演じ方を身につけた。

西藏劇団に入って9年後、尼瑪次仁さんはようやく出演するチャンスを手にした。主演の諾桑王子を演じていた師匠が引退し、尼瑪次仁さんは身につけた演技力でその役を演じるチャンスを得た。

9年も待ち続けた尼瑪次仁さんは後悔したことがなく、黄色のお面をかぶった時、全て無駄ではなかったと感じたという。現在、尼瑪次仁さんは雅隆扎西雪巴西藏劇団の責任者になっている。

尼瑪次仁さんの芸歴は34年になり、雅隆扎西雪巴西藏劇の救済、保護、伝承に大きく貢献してきた。2018年から2020年まで、8大西藏劇目の『白瑪文巴』と『卓娃桑姆』の復活を後押しし、伝統の西藏劇を基礎に新しい内容を取り入れた。

2006年、雅隆扎西雪巴西藏劇は第1陣国家無形文化遺産に登録された。2009年6月、尼瑪次仁さんは「全国無形文化遺産保護作業先進個人」の称号を獲得した。

引退の時期について、尼瑪次仁さんは手に持った黄色のお面を撫でながら、「引退を考えたことはない。西藏劇を伝承するために、まだすることがたくさんある。この黄色のお面を代々受け継いでいかなければいけない」と話した。

西藏族農民の尼瑪次仁さんは幼い頃から人から物語を聞くのが好きで、中でも祖母から西藏劇の話を聞くのが一番好きである。ある時、尼瑪次仁さんは村の麦置き場に西藏劇を見に行った。

1987年、当時16歳だった尼瑪次仁さんは、西藏山南地区乃東県昌珠鎮の雅隆扎西雪巴西藏劇団の役者の白瑪頓珠さんに気に入られ、放牧家の子供から役者になった。尼瑪次仁さんは、違う世界になったと感じたという。

しかし、尼瑪次仁さんの西藏劇役者の道は順風満帆ではなかった。彼が所属する劇団は一度解散の危機に直面し、みんなで話し合い、劇団を続けることになった。

劇団は残ったが、尼瑪次仁さんのステージに立つ夢は簡単には叶わなかった。しかし、西藏劇に情熱を持っていた彼は積極的に勉強し、先輩たちからその他の役の演じ方のコツを学んだ。彼は14年かけて西藏劇の全ての役の演じ方を身につけた。

西藏劇団に入って9年後、尼瑪次仁さんはようやく出演するチャンスを手にした。主演の諾桑王子を演じていた師匠が引退し、尼瑪次仁さんは身につけた演技力でその役を演じるチャンスを得た。

9年も待ち続けた尼瑪次仁さんは後悔したことがなく、黄色のお面をかぶった時、全て無駄ではなかったと感じたという。現在、尼瑪次仁さんは雅隆扎西雪巴西藏劇団の責任者になっている。

尼瑪次仁さんの芸歴は34年になり、雅隆扎西雪巴西藏劇の救済、保護、伝承に大きく貢献してきた。2018年から2020年まで、8大西藏劇目の『白瑪文巴』と『卓娃桑姆』の復活を後押しし、伝統の西藏劇を基礎に新しい内容を取り入れた。

2006年、雅隆扎西雪巴西藏劇は第1陣国家無形文化遺産に登録された。2009年6月、尼瑪次仁さんは「全国無形文化遺産保護作業先進個人」の称号を獲得した。

引退の時期について、尼瑪次仁さんは手に持った黄色のお面を撫でながら、「引退を考えたことはない。西藏劇を伝承するために、まだすることがたくさんある。この黄色のお面を代々受け継いでいかなければいけない」と話した。

西藏族農民の尼瑪次仁さんは幼い頃から人から物語を聞くのが好きで、中でも祖母から西藏劇の話を聞くのが一番好きである。ある時、尼瑪次仁さんは村の麦置き場に西藏劇を見に行った。

1987年、当時16歳だった尼瑪次仁さんは、西藏山南地区乃東県昌珠鎮の雅隆扎西雪巴西藏劇団の役者の白瑪頓珠さんに気に入られ、放牧家の子供から役者になった。尼瑪次仁さんは、違う世界になったと感じたという。

しかし、尼瑪次仁さんの西藏劇役者の道は順風満帆ではなかった。彼が所属する劇団は一度解散の危機に直面し、みんなで話し合い、劇団を続けることになった。

劇団は残ったが、尼瑪次仁さんのステージに立つ夢は簡単には叶わなかった。しかし、西藏劇に情熱を持っていた彼は積極的に勉強し、先輩たちからその他の役の演じ方のコツを学んだ。彼は14年かけて西藏劇の全ての役の演じ方を身につけた。

西藏劇団に入って9年後、尼瑪次仁さんはようやく出演するチャンスを手にした。主演の諾桑王子を演じていた師匠が引退し、尼瑪次仁さんは身につけた演技力でその役を演じるチャンスを得た。

9年も待ち続けた尼瑪次仁さんは後悔したことがなく、黄色のお面をかぶった時、全て無駄ではなかったと感じたという。現在、尼瑪次仁さんは雅隆扎西雪巴西藏劇団の責任者になっている。

尼瑪次仁さんの芸歴は34年になり、雅隆扎西雪巴西藏劇の救済、保護、伝承に大きく貢献してきた。2018年から2020年まで、8大西藏劇目の『白瑪文巴』と『卓娃桑姆』の復活を後押しし、伝統の西藏劇を基礎に新しい内容を取り入れた。

2006年、雅隆扎西雪巴西藏劇は第1陣国家無形文化遺産に登録された。2009年6月、尼瑪次仁さんは「全国無形文化遺産保護作業先進個人」の称号を獲得した。

引退の時期について、尼瑪次仁さんは手に持った黄色のお面を撫でながら、「引退を考えたことはない。西藏劇を伝承するために、まだすることがたくさんある。この黄色のお面を代々受け継いでいかなければいけない」と話した。

西藏族農民の尼瑪次仁さんは幼い頃から人から物語を聞くのが好きで、中でも祖母から西藏劇の話を聞くのが一番好きである。ある時、尼瑪次仁さんは村の麦置き場に西藏劇を見に行った。

1987年、当時16歳だった尼瑪次仁さんは、西藏山南地区乃東県昌珠鎮の雅隆扎西雪巴西藏劇団の役者の白瑪頓珠さんに気に入られ、放牧家の子供から役者になった。尼瑪次仁さんは、違う世界になったと感じたという。

しかし、尼瑪次仁さんの西藏劇役者の道は順風満帆ではなかった。彼が所属する劇団は一度解散の危機に直面し、みんなで話し合い、劇団を続けることになった。

劇団は残ったが、尼瑪次仁さんのステージに立つ夢は簡単には叶わなかった。しかし、西藏劇に情熱を持っていた彼は積極的に勉強し、先輩たちからその他の役の演じ方のコツを学んだ。彼は14年かけて西藏劇の全ての役の演じ方を身につけた。

西藏劇団に入って9年後、尼瑪次仁さんはようやく出演するチャンスを手にした。主演の諾桑王子を演じていた師匠が引退し、尼瑪次仁さんは身につけた演技力でその役を演じるチャンスを得た。

9年も待ち続けた尼瑪次仁さんは後悔したことがなく、黄色のお面をかぶった時、全て無駄ではなかったと感じたという。現在、尼瑪次仁さんは雅隆扎西雪巴西藏劇団の責任者になっている。

尼瑪次仁さんの芸歴は34年になり、雅隆扎西雪巴西藏劇の救済、保護、伝承に大きく貢献してきた。2018年から2020年まで、8大西藏劇目の『白瑪文巴』と『卓娃桑姆』の復活を後押しし、伝統の西藏劇を基礎に新しい内容を取り入れた。

2006年、雅隆扎西雪巴西藏劇は第1陣国家無形文化遺産に登録された。2009年6月、尼瑪次仁さんは「全国無形文化遺産保護作業先進個人」の称号を獲得した。

引退の時期について、尼瑪次仁さんは手に持った黄色のお面を撫でながら、「引退を考えたことはない。西藏劇を伝承するために、まだすることがたくさんある。この黄色のお面を代々受け継いでいかなければいけない」と話した。

西藏族農民の尼瑪次仁さんは幼い頃から人から物語を聞くのが好きで、中でも祖母から西藏劇の話を聞くのが一番好きである。ある時、尼瑪次仁さんは村の麦置き場に西藏劇を見に行った。

1987年、当時16歳だった尼瑪次仁さんは、西藏山南地区乃東県昌珠鎮の雅隆扎西雪巴西藏劇団の役者の白瑪頓珠さんに気に入られ、放牧家の子供から役者になった。尼瑪次仁さんは、違う世界になったと感じたという。

しかし、尼瑪次仁さんの西藏劇役者の道は順風満帆ではなかった。彼が所属する劇団は一度解散の危機に直面し、みんなで話し合い、劇団を続けることになった。

劇団は残ったが、尼瑪次仁さんのステージに立つ夢は簡単には叶わなかった。しかし、西藏劇に情熱を持っていた彼は積極的に勉強し、先輩たちからその他の役の演じ方のコツを学んだ。彼は14年かけて西藏劇の全ての役の演じ方を身につけた。

西藏劇団に入って9年後、尼瑪次仁さんはようやく出演するチャンスを手にした。主演の諾桑王子を演じていた師匠が引退し、尼瑪次仁さんは身につけた演技力でその役を演じるチャンスを得た。

9年も待ち続けた尼瑪次仁さんは後悔したことがなく、黄色のお面をかぶった時、全て無駄ではなかったと感じたという。現在、尼瑪次仁さんは雅隆扎西雪巴西藏劇団の責任者になっている。

尼瑪次仁さんの芸歴は34年になり、雅隆扎西雪巴西藏劇の救済、保護、伝承に大きく貢献してきた。2018年から2020年まで、8大西藏劇目の『白瑪文巴』と『卓娃桑姆』の復活を後押しし、伝統の西藏劇を基礎に新しい内容を取り入れた。

2006年、雅隆扎西雪巴西藏劇は第1陣国家無形文化遺産に登録された。2009年6月、尼瑪次仁さんは「全国無形文化遺産保護作業先進個人」の称号を獲得した。

引退の時期について、尼瑪次仁さんは手に持った黄色のお面を撫でながら、「引退を考えたことはない。西藏劇を伝承するために、まだすることがたくさんある。この黄色のお面を代々受け継いでいかなければいけない」と話した。

西藏族農民の尼瑪次仁さんは幼い頃から人から物語を聞くのが好きで、中でも祖母から西藏劇の話を聞くのが一番好きである。ある時、尼瑪次仁さんは村の麦置き場に西藏劇を見に行った。

1987年、当時16歳だった尼瑪次仁さんは、西藏山南地区乃東県昌珠鎮の雅隆扎西雪巴西藏劇団の役者の白瑪頓珠さんに気に入られ、放牧家の子供から役者になった。尼瑪次仁さんは、違う世界になったと感じたという。

しかし、尼瑪次仁さんの西藏劇役者の道は順風満帆ではなかった。彼が所属する劇団は一度解散の危機に直面し、みんなで話し合い、劇団を続けることになった。

劇団は残ったが、尼瑪次仁さんのステージに立つ夢は簡単には叶わなかった。しかし、西藏劇に情熱を持っていた彼は積極的に勉強し、先輩たちからその他の役の演じ方のコツを学んだ。彼は14年かけて西藏劇の全ての役の演じ方を身につけた。

西藏劇団に入って9年後、尼瑪次仁さんはようやく出演するチャンスを手にした。主演の諾桑王子を演じていた師匠が引退し、尼瑪次仁さんは身につけた演技力でその役を演じるチャンスを得た。

9年も待ち続けた尼瑪次仁さんは後悔したことがなく、黄色のお面をかぶった時、全て無駄ではなかったと感じたという。現在、尼瑪次仁さんは雅隆扎西雪巴西藏劇団の責任者になっている。

尼瑪次仁さんの芸歴は34年になり、雅隆扎西雪巴西藏劇の救済、保護、伝承に大きく貢献してきた。2018年から2020年まで、8大西藏劇目の『白瑪文巴』と『卓娃桑姆』の復活を後押しし、伝統の西藏劇を基礎に新しい内容を取り入れた。

2006年、雅隆扎西雪巴西藏劇は第1陣国家無形文化遺産に登録された。2009年6月、尼瑪次仁さんは「全国無形文化遺産保護作業先進個人」の称号を獲得した。

引退の時期について、尼瑪次仁さんは手に持った黄色のお面を撫でながら、「引退を考えたことはない。西藏劇を伝承するために、まだすることがたくさんある。この黄色のお面を代々受け継いでいかなければいけない」と話した。

西藏族農民の尼瑪次仁さんは幼い頃から人から物語を聞くのが好きで、中でも祖母から西藏劇の話を聞くのが一番好きである。ある時、尼瑪次仁さんは村の麦置き場に西藏劇を見に行った。

1987年、当時16歳だった尼瑪次仁さんは、西藏山南地区乃東県昌珠鎮の雅隆扎西雪巴西藏劇団の役者の白瑪頓珠さんに気に入られ、放牧家の子供から役者になった。尼瑪次仁さんは、違う世界になったと感じたという。

しかし、尼瑪次仁さんの西藏劇役者の道は順風満帆ではなかった。彼が所属する劇団は一度解散の危機に直面し、みんなで話し合い、劇団を続けることになった。

劇団は残ったが、尼瑪次仁さんのステージに立つ夢は簡単には叶わなかった。しかし、西藏劇に情熱を持っていた彼は積極的に勉強し、先輩たちからその他の役の演じ方のコツを学んだ。彼は14年かけて西藏劇の全ての役の演じ方を身につけた。

西藏劇団に入って9年後、尼瑪次仁さんはようやく出演するチャンスを手にした。主演の諾桑王子を演じていた師匠が引退し、尼瑪次仁さんは身につけた演技力でその役を演じるチャンスを得た。

9年も待ち続けた尼瑪次仁さんは後悔したことがなく、黄色のお面をかぶった時、全て無駄ではなかったと感じたという。現在、尼瑪次仁さんは雅隆扎西雪巴西藏劇団の責任者になっている。

尼瑪次仁さんの芸歴は34年になり、雅隆扎西雪巴西藏劇の救済、保護、伝承に大きく貢献してきた。2018年から2020年まで、8大西藏劇目の『白瑪文巴』と『卓娃桑姆』の復活を後押しし、伝統の西藏劇を基礎に新しい内容を取り入れた。

2006年、雅隆扎西雪巴西藏劇は第1陣国家無形文化遺産に登録された。2009年6月、尼瑪次仁さんは「全国無形文化遺産保護作業先進個人」の称号を獲得した。

引退の時期について、尼瑪次仁さんは手に持った黄色のお面を撫でながら、「引退を考えたことはない。西藏劇を伝承するために、まだすることがたくさんある。この黄色のお面を代々受け継いでいかなければいけない」と話した。

西藏族農民の尼瑪次仁さんは幼い頃から人から物語を聞くのが好きで、中でも祖母から西藏劇の話を聞くのが一番好きである。ある時、尼瑪次仁さんは村の麦置き場に西藏劇を見に行った。

1987年、当時16歳だった尼瑪次仁さんは、西藏山南地区乃東県昌珠鎮の雅隆扎西雪巴西藏劇団の役者の白瑪頓珠さんに気に入られ、放牧家の子供から役者になった。尼瑪次仁さんは、違う世界になったと感じたという。

しかし、尼瑪次仁さんの西藏劇役者の道は順風満帆ではなかった。彼が所属する劇団は一度解散の危機に直面し、みんなで話し合い、劇団を続けることになった。

劇団は残ったが、尼瑪次仁さんのステージに立つ夢は簡単には叶わなかった。しかし、西藏劇に情熱を持っていた彼は積極的に勉強し、先輩たちからその他の役の演じ方のコツを学んだ。彼は14年かけて西藏劇の全ての役の演じ方を身につけた。

西藏劇団に入って9年後、尼瑪次仁さんはようやく出演するチャンスを手にした。主演の諾桑王子を演じていた師匠が引退し、尼瑪次仁さんは身につけた演技力でその役を演じるチャンスを得た。

9年も待ち続けた尼瑪次仁さんは後悔したことがなく、黄色のお面をかぶった時、全て無駄ではなかったと感じたという。現在、尼瑪次仁さんは雅隆扎西雪巴西藏劇団の責任者になっている。

尼瑪次仁さんの芸歴は34年になり、雅隆扎西雪巴西藏劇の救済、保護、伝承に大きく貢献してきた。2018年から2020年まで、8大西藏劇目の『白瑪文巴』と『卓娃桑姆』の復活を後押しし、伝統の西藏劇を基礎に新しい内容を取り入れた。

2006年、雅隆扎西雪巴西藏劇は第1陣国家無形文化遺産に登録された。2009年6月、尼瑪次仁さんは「全国無形文化遺産保護作業先進個人」の称号を獲得した。

引退の時期について、尼瑪次仁さんは手に持った黄色のお面を撫でながら、「引退を考えたことはない。西藏劇を伝承するために、まだすることがたくさんある。この黄色のお面を代々受け継いでいかなければいけない」と話した。

西藏族農民の尼瑪次仁さんは幼い頃から人から物語を聞くのが好きで、中でも祖母から西藏劇の話を聞くのが一番好きである。ある時、尼瑪次仁さんは村の麦置き場に西藏劇を見に行った。

1987年、当時16歳だった尼瑪次仁さんは、西藏山南地区乃東県昌珠鎮の雅隆扎西雪巴西藏劇団の役者の白瑪頓珠さんに気に入られ、放牧家の子供から役者になった。尼瑪次仁さんは、違う世界になったと感じたという。

しかし、尼瑪次仁さんの西藏劇役者の道は順風満帆ではなかった。彼が所属する劇団は一度解散の危機に直面し、みんなで話し合い、劇団を続けることになった。

劇団は残ったが、尼瑪次仁さんのステージに立つ夢は簡単には叶わなかった。しかし、西藏劇に情熱を持っていた彼は積極的に勉強し、先輩たちからその他の役の演じ方のコツを学んだ。彼は14年かけて西藏劇の全ての役の演じ方を身につけた。

西藏劇団に入って9年後、尼瑪次仁さんはようやく出演するチャンスを手にした。主演の諾桑王子を演じていた師匠が引退し、尼瑪次仁さんは身につけた演技力でその役を演じるチャンスを得た。

9年も待ち続けた尼瑪次仁さんは後悔したことがなく、黄色のお面をかぶった時、全て無駄ではなかったと感じたという。現在、尼瑪次仁さんは雅隆扎西雪巴西藏劇団の責任者になっている。

尼瑪次仁さんの芸歴は34年になり、雅隆扎西雪巴西藏劇の救済、保護、伝承に大きく貢献してきた。2018年から2020年まで、8大西藏劇目の『白瑪文巴』と『卓娃桑姆』の復活を後押しし、伝統の西藏劇を基礎に新しい内容を取り入れた。

2006年、雅隆扎西雪巴西藏劇は第1陣国家無形文化遺産に登録された。2009年6月、尼瑪次仁さんは「全国無形文化遺産保護作業先進個人」の称号を獲得した。

引退の時期について、尼瑪次仁さんは手に持った黄色のお面を撫でながら、「引退を考えたことはない。西藏劇を伝承するために、まだすることがたくさんある。この黄色のお面を代々受け継いでいかなければいけない」と話した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年8月4日