東京は13日、数日間の寒空から一転、透き通るような青空となった。在日本中国大使館はこの日の午後、心温まる客人を迎えた。インターネット上で話題になった「チャイナドレスでお辞儀する少女」が母親と東京都豊島区日中友好協会の尾崎隆信会長らとともに大使館を訪れ、「東京燈会満月祭」で武漢のために集めた義援金を手渡した。

彼女らを出迎えたのは孔鉉佑・駐日大使。孔大使に面会すると、少女は真っ先に自己紹介し、「今日は皆さんの義援金を持ってきました」と挨拶した。孔大使は一行と親しく握手し、彼女にパンダのぬいぐるみをプレゼントすると、「かわいい!」という彼女の言葉に会場はどっと笑いに包まれた。

孔大使は席を勧め、「ここにいる皆様ならびに新型コロナウイルス関連肺炎の拡大と闘う中国人民に関心を寄せ、支援の手を差し伸べてくれた日本の友人に心より感謝いたします。あなた方の一挙一動に私も同僚もそして中国全土の人々も感動しました」と感謝の意を述べた。

「中国の人民はいまも新型コロナウイルス感染症と勇ましく闘っています。庶民の命の安全、健康を守るのがわが党および政府の第一の使命です。最近では検査方法や治療計画が徐々に整い、新たな医療施設も迅速に投入され、湖北省に救援に駆け付ける医療関係者も後を絶ちません。マンツーマン支援の体制も着実に展開され、それに伴う制度も次々と制定・実施されるなど感染症対策において積極的な進展がありました。そして日本をはじめとする国際社会から絶大な支援とサポートを頂きました。とくに日本は自国でも感染症予防・コントロールの難題に直面しているにもかかわらず、政府や地方自治体、社会各界から中国に援助の手を差し伸べ、互いに助け合う隣国の道を体現してくれました」と挨拶した後、少女に「あなたや若者たちが寒空の中、武漢のために募金活動をしてくれているのを知り、私は強い社会的責任感を感じ、こうして中日友好が継承されていくのだと感じました。我々が協力すれば、感染症の拡大は必ずや終息に向かうでしょう。その時には中国へ、湖北省へ、武漢へ遊びに来てください。武漢で黄鶴楼に上り、東湖を遊覧し、名物の熱干麺を味わってみてください」と語りかけた。

孔大使の話を聞いて尾崎会長は、「はじめは今年満月祭を予定通り実施するかの話し合いがありましたが、最後には、中国が一番支援とサポートを必要としている今だからこそ、友人として私たちにできることをしようという意見で一致しました。そこで会場に武漢を応援する特別ブースを設けました。そうしたら彼女が仲間と一緒に武漢のための募金活動をすると名乗り出てくれ、2日間、寒さに負けずみんなに真心の募金を呼びかけました。これこそ日中友好のあるべき姿だと私は思います」と語った。

少女は「幼い頃、母親と大連で2カ月過ごしました。印象では中国はとてもきれいで、中国の友達もとても友好的でした。新型コロナウイルスによる感染症が発生して私は胸を痛め、皆さんのために何かしたいと思いました。満月祭で募金活動があると聞き、すぐに応募しました。中国の人たちが困難を克服し、一日も早く感染症に打勝つことを信じています。武漢の桜は美しいと聞きます。感染症が終息したら見に行きたいです」と語った。

一行は、友情のこもった50万円余りの義援金を孔大使に手渡した。孔大使は中国の世界遺産を紹介した書籍「中国世界遺産影像志」に「相知無遠近、万里尚為隣」としたため少女に贈呈した。

最後に誰からともなく一同が一列に並び、「武漢加油!」と力強く叫んだ。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年2月14日