武漢市黄陂区在住の1歳の男児・牛牛(仮名)は1月26日、治療を受けるため武漢児童医院救診科に搬送された。同医院重症医学科隔離病棟で緊急治療を受けた。医療従事者の丁寧な診療により、牛牛は人工呼吸器と気管カニューレを外された。容態が徐々に安定し、肺の感染がほぼ収まった。2回の核酸検査で陰性が確認されると、医療従事者は退院基準に合致と判断した。家族は13日、牛牛を自宅に迎え、引き続き隔離観察を行った。このような朗報が今後さらに増えることを願う。

武漢市黄陂区在住の1歳の男児・牛牛(仮名)は1月26日、治療を受けるため武漢児童医院救診科に搬送された。同医院重症医学科隔離病棟で緊急治療を受けた。医療従事者の丁寧な診療により、牛牛は人工呼吸器と気管カニューレを外された。容態が徐々に安定し、肺の感染がほぼ収まった。2回の核酸検査で陰性が確認されると、医療従事者は退院基準に合致と判断した。家族は13日、牛牛を自宅に迎え、引き続き隔離観察を行った。このような朗報が今後さらに増えることを願う。

武漢市黄陂区在住の1歳の男児・牛牛(仮名)は1月26日、治療を受けるため武漢児童医院救診科に搬送された。同医院重症医学科隔離病棟で緊急治療を受けた。医療従事者の丁寧な診療により、牛牛は人工呼吸器と気管カニューレを外された。容態が徐々に安定し、肺の感染がほぼ収まった。2回の核酸検査で陰性が確認されると、医療従事者は退院基準に合致と判断した。家族は13日、牛牛を自宅に迎え、引き続き隔離観察を行った。このような朗報が今後さらに増えることを願う。

武漢市黄陂区在住の1歳の男児・牛牛(仮名)は1月26日、治療を受けるため武漢児童医院救診科に搬送された。同医院重症医学科隔離病棟で緊急治療を受けた。医療従事者の丁寧な診療により、牛牛は人工呼吸器と気管カニューレを外された。容態が徐々に安定し、肺の感染がほぼ収まった。2回の核酸検査で陰性が確認されると、医療従事者は退院基準に合致と判断した。家族は13日、牛牛を自宅に迎え、引き続き隔離観察を行った。このような朗報が今後さらに増えることを願う。

武漢市黄陂区在住の1歳の男児・牛牛(仮名)は1月26日、治療を受けるため武漢児童医院救診科に搬送された。同医院重症医学科隔離病棟で緊急治療を受けた。医療従事者の丁寧な診療により、牛牛は人工呼吸器と気管カニューレを外された。容態が徐々に安定し、肺の感染がほぼ収まった。2回の核酸検査で陰性が確認されると、医療従事者は退院基準に合致と判断した。家族は13日、牛牛を自宅に迎え、引き続き隔離観察を行った。このような朗報が今後さらに増えることを願う。

武漢市黄陂区在住の1歳の男児・牛牛(仮名)は1月26日、治療を受けるため武漢児童医院救診科に搬送された。同医院重症医学科隔離病棟で緊急治療を受けた。医療従事者の丁寧な診療により、牛牛は人工呼吸器と気管カニューレを外された。容態が徐々に安定し、肺の感染がほぼ収まった。2回の核酸検査で陰性が確認されると、医療従事者は退院基準に合致と判断した。家族は13日、牛牛を自宅に迎え、引き続き隔離観察を行った。このような朗報が今後さらに増えることを願う。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年2月14日