皆様こんにちは。

中国社会科学院日本研究所の楊伯江と申します。

新型コロナウイルス感染症が発生して以来、無数の中国人がこの感染症との全面的な戦い、狙撃戦に身を投じています。2003年のSARSと比べ、今日はネットワーク技術が発展しており、情報伝達がより速やかになっています。多くの国と国際機関が中国に医療物資の援助を行い、さまざまな手段により中国への支持を示しています。中国に援助の手を差し伸べた世界各国のうち、反応が最も速かったのは日本であります。安倍首相は1月23日に衆議院本会議で、日本はウイルスへの警戒を強化すると同時に、中国の感染対策を全力で支持すべきと表明しました。1月25日未明、イトーヨーカドーは四川航空の東京発成都行きの便を利用し、100万枚のマスクを成都に届けました。茂木外務大臣は、日本は全力を尽くし全面的な支援と援助を提供し、中国と共に難関を乗り切りたいと表明しました。自民党・公明党の幹事長が2月7日、中国大使館を訪問し、全国の総力を挙げ中国と共に感染症と戦いたいと表明しました。自民党の二階幹事長は2月10日にまた、自民党国会議員から1人あたり5000円を中国に寄付すると宣言しました。

日本の地方自治体も中国の友好都市に支援を提供しました。中国のウェブサイトを見ると、長い「支援リスト」を見かれられます。その中には大分市、北海道苫小牧市、秋田県由利本荘市、兵庫県明石市、水戸市、広島市、川崎市、浜松市、滋賀県彦根市、広島県、鹿児島市、薩摩川内市、東京都港区などがあります。街のドラッグストアの多くが「中国加油」「武漢加油」など中国語のメッセージを掲示しました。東京スカイツリーは、中国を応援する赤と青のライトアップを行いました。

雪中に炭を送る日本の行動は、苦境に陥った隣国への善意と人道的な配慮を示し、中国の各界から高く評価されました。それは同時に、中日両国が苦楽や禍福を共にする、切り離すことのできない利益共同体であることをも映してると考えています。中日は地理的に近く、往来が頻繁であります。中国の感染症を前にし、日本だけ無事に対岸の火事を見守ることはできないでしょう。中日は互いに協力パートナーであり、中国経済が感染症により足を引っ張られると、日本の観光、電子、自動車などの各産業がダメージを受けます。大和総研は日本の実質GDPに対する感染症の影響を試算し、感染症が3カ月続けば0.1%低下し、1年続けば0.9%低下するとしました。

自然災害、公衆衛生の危機など不幸な出来事が往々にして、お互いに距離が近く関係が密接であるという中日の認識の掘り下げを促すことは、事実によって裏付けられています。2008年の中国の汶川大地震、2011年の東日本大震災の時もそうでした。最も重要なことは、中日が災難を迎えお互いに助け合い、呉越同舟になることで、両国の「互助体験」を絶えず蓄積し、両国民感情の良好な相互作用を促進し、関係改善の社会・民意の基礎を固められることであります。

「山川異域、風月同天」ーー日本中国語検定試験(HSK)事務所が湖北省に送った支援物資には、こういうメッセージが貼られていました。中国の清代に編集された「全唐詩」にあるこの言葉は、中日関係の現実を示していると思います。一衣帯水で共同の利益が絶えず拡大する中日関係の未来は、平和的共存、協力・ウィンウィンにあります。

最後になりますが、2020年に小康社会の全面的な建設という中国の目標が順調に達成され、日本の東京五輪が円満に成功することを心からお祈りいたします。中日両国の一一家族、友人一人一人のご健勝と幸せを心からお祈りいたします。

新冠肺炎疫情让中日体会彼此距离有多近

中国社会科学院日本研究所所长 杨伯江

新冠肺炎疫情爆发以来,亿万中国人投身到这场抗击疫情的全面战、阻击战当中。与2003年“非典”时相比,今天网络技术的发达让信息传输更为迅捷,很多国家、国际组织纷纷对华援助医用物资,通过各种方式表达对中国的支持。在来自全球各地、对华施以援手的各方中,反应最快的是日本。 早在1月23日,安倍首相就在众议院全体会议上表示,日本在加强对病毒防范的同时,要全力支持中国抗疫。1月25日凌晨,伊藤洋华堂通过川航东京-成都航班,将100万只口罩运抵成都。茂木外相表示,日本愿尽一切努力提供全方位支援与帮助,与中国共渡难关。2月7日,自民党、公明党两党干事长专程拜访中国驻日大使馆,表示愿举全国之力与中方共同抗疫。2月10日,自民党二阶干事长宣布,该党国会议员每人将向中国捐款5000日元。

日本各级自治体也纷纷向结为友好城市的中国地方提供了“对口支援”。在中国网站上,能找到长长的“支援名单”,其中有大分市、北海道的苫小牧市、秋田县由利本庄市、兵库县明石市、水户市、广岛市、川崎市、滨松市、滋贺县彦根市、广岛县、鹿儿岛市、萨摩川内市、东京都港区,等等。大街小巷的药妆店,很多都贴出了“中国加油”“武汉加油”的中文标语。1月31日,日本东京晴空塔点亮红色和蓝色灯光,声援中国。

日本雪中送炭,展示了对困境中邻国的善意与人道主义关怀,得到中国各界的充分肯定。同时,这也折射出,中日之间是休戚与共、无法切割的利益共同体。中日地缘相近,往来频密,面对中国疫情,日本无法隔岸观火、独善其身。中日互为合作伙伴,中国经济若被疫情拖累,日本旅游、电子、汽车等多个产业必受打击。大和总研测算了疫情对日本实际GDP的影响——若疫情持续三个月,将会使其减少0.1%,若持续一年,将会减少0.9%。

事实证明,自然灾害、公共卫生危机等不幸事件,往往能从另一面促使中日不断加深对彼此距离有多近、关系有多密切的认识。2008年中国汶川大地震、2011年东日本大地震时都是如此。最重要的是,中日在灾难面前守望相助、吴越同舟,能促进两国通过“互助体验”的不断积累,实现国民感情的良性互动,夯实关系改善的社会民意基础。

“山川异域,风月同天”。日本汉语水平考试HSK事务所援助湖北物资的标签上如是说。来自中国清代编纂的《全唐诗》中的这两句话,是中日关系的现实写照。作为一衣带水、共同利益不断增长的近邻,中日关系的未来在于和平相处、合作共赢。

最后,祈愿2020年,中国全面建成小康社会目标顺利实现,日本东京奥运会圆满成功,祈愿中日每一个家庭、每一位朋友身体康健、幸福安乐!

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年2月14日