武漢市漢正街石瑪コミュニティ党委書記兼住民委員会主任の韓小琴氏(右から1人目)がコミュニティの職員を率い、歩行街付近の住民に防疫知識を宣伝した。感染症発生後、武漢市漢正街弁事処所属の各コミュニティが宣伝チームを作った。彼らは毎日スピーカーを持ち街を歩き、防疫知識を住民に伝えている。

武漢市漢正街石瑪コミュニティ党委書記兼住民委員会主任の韓小琴氏(右から1人目)がコミュニティの職員を率い、歩行街付近の住民に防疫知識を宣伝した。感染症発生後、武漢市漢正街弁事処所属の各コミュニティが宣伝チームを作った。彼らは毎日スピーカーを持ち街を歩き、防疫知識を住民に伝えている。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年2月14日