記者が11月30日、地下鉄2号線阜成門駅C口を訪れたところ、駅入口に2つの新しい安全検査ゲートが設置されていた。他の駅のものとは異なり、上方に小型カメラが並び、ディスプレイも設置されていた。これにより乗客の顔情報を確認することができる。駅の外では職員がスマート安全検査の宣伝を行っていた。乗客は携帯電話によりQRコードをスキャンすることでテスト用アプリをダウンロードし、クローズドベータテストに自発的に参加することができる。

情報によると、この取り組みはまだテスト・研究の段階にある。現時点では2号線阜成門駅のみでテストを行っている。テスト期間中には周辺の通勤乗客を参加者として招く。実際の乗客の流れの中で、スマート安全検査という新モデルの稼働状況への検証を深める。その後テスト中のハード面の問題、乗客からの意見に基づき、ハード設備及び作業フローをさらに改善するための参考材料を提供する。

北京地铁二号线阜成门站试点“刷脸”安检一秒进站[图] _ 图片中国_中国网

記者が11月30日、地下鉄2号線阜成門駅C口を訪れたところ、駅入口に2つの新しい安全検査ゲートが設置されていた。他の駅のものとは異なり、上方に小型カメラが並び、ディスプレイも設置されていた。これにより乗客の顔情報を確認することができる。駅の外では職員がスマート安全検査の宣伝を行っていた。乗客は携帯電話によりQRコードをスキャンすることでテスト用アプリをダウンロードし、クローズドベータテストに自発的に参加することができる。

情報によると、この取り組みはまだテスト・研究の段階にある。現時点では2号線阜成門駅のみでテストを行っている。テスト期間中には周辺の通勤乗客を参加者として招く。実際の乗客の流れの中で、スマート安全検査という新モデルの稼働状況への検証を深める。その後テスト中のハード面の問題、乗客からの意見に基づき、ハード設備及び作業フローをさらに改善するための参考材料を提供する。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年12月3日