当科技遇见生活“黑科技”亮相进博会勾勒未来美好生活[组图] _ 图片中国_中国网

第2回中国国際輸入博覧会が11月5日に上海で開幕した。科技生活展示区と品質生活展示区で、記者はウェアラブルデバイス、スマートホーム、拡張現実(AR)、8K映像、5Gなどの話題の科学技術のキーワードに関する商品が登場しただけでなく、日常生活にも浸透していることを感じた。

科技生活展示区は第1回輸入博覧会の消費電子・家電展示区からグレードアップしたもので、展示品は消費電子分野からより身近な各科学技術分野に拡張した。また、今年はARとVR、人工知能(AI)ジャンルを新設し、より新鮮で科学技術の雰囲気がある未来の生活を映し出した。

当科技遇见生活“黑科技”亮相进博会勾勒未来美好生活[组图] _ 图片中国_中国网

11月6日、ロボット「Roboy」とハグする来場者

スタインウェイ&サンズ社のピアノブースで自動演奏ピアノを撮影する来場者

変形可能なロボット「CanguRo」を紹介するスタッフ

パナソニックのブースは高齢者向けの介護空間と健康空間を展示した

パナソニックのブースは高齢者向けの介護空間と健康空間を展示した

4D設備で「ワイルドスピード」を体験する来場者

8Kシアターを見学する来場者

ドルビーアトモスを体験する来場者

顔をスキャンして肌質を分析する来場者

5G携帯電話を試用する来場者

AR特効カメラを体験する来場者

AR技術を体験する来場者

食器棚と食器洗浄器が合わさった台所商品を紹介するスタッフ

「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年11月8日