中日関係は中国にとって最も重要な二国間関係の一つだ。近年の複雑な国際情勢の中で急速に回復し、持続的な改善という良好な流れを示しており、世界から注目を浴びている。実際に日本は中国がずっと強い関心を寄せてきた重要な隣国であり、中日関係が紆余曲折を経ている時期であっても、中国国内の日本研究機関は100以上、人員は4000人弱が維持されていた。代表的な研究機関は、中国社会科学院日本研究所、南開大学日本研究所、復旦大学日本研究センター、遼寧大学日本研究所などが挙げられる。

その中で私が所属する中国社会科学院日本研究所には、50人以上の研究者及びスタッフがいる。日本研究所は1981年に設立された、中国の日本関連シンクタンクの一員であり、国家ハイレベルシンクタンクの構成機構でもある。同研究所は長年に渡り、日本研究分野で幅広い重要な学術成果を生み出している。その代表的な成果の一つ「日本青書・日本研究報告書」は2000年前後から20年弱に渡り出版されてきている。同青書は日本の年間情勢及び中日関係に焦点を絞り、専門家による優れた知見の集約に努めている。学術・社会・政策という3つのレベルにおいて持続的に影響力を拡大し、存在感を増してきた。

2019年度の青書は7月に発表された。2018年度の日本の各分野の状況を振り返り、特に国際的な情勢変動を背景とする日本の選択と対応に着目した。日本経済・社会の改革と発展、皇室及び自民党の重大動向、「戦後外交の総決算」、広域経済協力構想、安全保障政策、中日関係及び中日米関係などについて議論と分析を進めていた。青書の観点の要旨は下記の通り。

中日関係は2018年に全体的に回復を加速し、持続的に改善する良好な流れを示した。「中日平和友好条約」締結40周年を契機とし、政府レベルの力強い牽引、各分野における協力の深化、危機管理メカニズムの達成など有利な要素が関係改善を力強く促進した。国際的な変動、経済貿易の互恵、日本の戦略調整は、中日関係改善の背景及び理由とされている。日本政府は2018年に「一帯一路」イニシアチブの具体的な協力方法について中国側と協議し始めた。中日の第3国市場協力も、着実な進展を見せている。脱グローバル化に直面する中日両国は、貿易保護主義や経済一国主義への反対、国際自由貿易の維持、地域経済協力の促進といった共通関心事に多くの共通認識を持っている。

2019年に入ると、中日関係のさらなる発展は有利な条件と時期を迎えているが、この流れを長期的に安定化させるためには、まだ多くの難しい課題が残されている。中日双方が共に歩み寄り、積極的に利を求め害を避けることができれば、両国関係は既存の改善や良好な流れの上で、より大きな成果を手にできるだろう。

2019年度《日本蓝皮书》搭建中日理解沟通桥梁

中日关系是中国最重要的双边关系之一,近年在复杂的国际形势中呈现加速回暖与持续改善的良好势头,受到海内外高度瞩目。实际上,日本一直是我们极为关注的重要邻国,即便在中日关系跌宕起伏的时期,中国国内从事日本研究的机构也有百多个、人员近4000人,代表性研究机构有中国社科院日本研究所、南开大学日本研究院、复旦大学日本研究中心、辽宁大学日本研究所、东北师范大学日本研究所等。

其中,我(本人)所在的中国社科院日本研究所,拥有科研和科辅人员50多人,成立于1981年,是中国对日思想库和智囊团的一员,是国家高端智库的组成单位。多年来,日本研究所在日本研究领域产出了宽领域、多门类、广题材的重要学术成果,其中,代表性的成果之一就是《日本蓝皮书・日本研究报告》,自2000年以来,已连续出版了近20年。蓝皮书聚焦日本年度内外形势和中日关系,汇集名家观点,在学术、社会和政策三个层面的影响力持续扩展并日益深远。

2019年度《日本蓝皮书》对2018年度日本各领域形势进行了回顾,围绕国际大变局背景下日本的选择与应对,重点就日本经济社会改革与发展、皇室及自民党重大动向、、广域经济合作构想、安全防卫政策、中日关系以及中日美关系等,进行了深入探讨和分析。

蓝皮书认为,中日关系在2018年总体呈现加速回暖与持续改善的良好势头,以《中日和平友好条约》缔结40周年为契机,高层引领、合作深化、危机管控等利好因素有力促进了关系尚好进程。而国际变局、经贸互利、日本战略调整被认为是中日关系改善的背景和动因。2018年日本政府开始就倡议具体合作方式与中方展开讨论,中日第三方市场合作呈现扎实推进势头。面对逆全球化风潮,中日两国在反对贸易保护主义和经济单边主义、坚持多边自由贸易、推动区域经济合作等共同关心的重要议题上同频共振。

蓝皮书认为,2019年后进一步发展中日关系面临利好条件及窗口机遇期,但要行稳致远,仍有大量艰巨的工作要做。中日双方只要能够相向而行,积极趋益避害,两国关系即有望在既有改善成果的基础上保持可持续稳定发展的良好势头,推动各领域合作取得进一步成果。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年11月8日