中国有人宇宙事業弁公室と国際連合宇宙部は12日にウィーンで同部第62回会議を開催し、共同記者会見を開いた。国連と中国による中国宇宙ステーション科学実験第1期プロジェクトの入選結果を発表した。17カ国・23の実体の9件が入選した。

これは中国の宇宙事業国際協力の重大かつ画期的な措置であり、中国有人宇宙事業が独自の発展から世界との協力の新時代に向かう重要な象徴だ。中国有人宇宙事業弁公室の郝淳主任は記者会見にて、「我々は今後、入選チームによるプロジェクトの展開をサポートすると同時に、国連宇宙部と緊密に連携し第2期協力プロジェクトの募集を行う」と述べた。

国連宇宙部のディピッポ部長は、中国政府が国連加盟国に向け宇宙ステーションを開放したことを高く評価した。中国のこの措置は有人宇宙事業の国際協力を力強く促進しており、より多くの国が有人宇宙技術の研究に参加する機会を手にした。国連2030アジェンダの目標達成を力強く支えると述べた。

中国有人宇宙事業弁公室と国際連合宇宙部は12日にウィーンで同部第62回会議を開催し、共同記者会見を開いた。国連と中国による中国宇宙ステーション科学実験第1期プロジェクトの入選結果を発表した。17カ国・23の実体の9件が入選した。

これは中国の宇宙事業国際協力の重大かつ画期的な措置であり、中国有人宇宙事業が独自の発展から世界との協力の新時代に向かう重要な象徴だ。中国有人宇宙事業弁公室の郝淳主任は記者会見にて、「我々は今後、入選チームによるプロジェクトの展開をサポートすると同時に、国連宇宙部と緊密に連携し第2期協力プロジェクトの募集を行う」と述べた。

国連宇宙部のディピッポ部長は、中国政府が国連加盟国に向け宇宙ステーションを開放したことを高く評価した。中国のこの措置は有人宇宙事業の国際協力を力強く促進しており、より多くの国が有人宇宙技術の研究に参加する機会を手にした。国連2030アジェンダの目標達成を力強く支えると述べた。

中国有人宇宙事業弁公室と国際連合宇宙部は12日にウィーンで同部第62回会議を開催し、共同記者会見を開いた。国連と中国による中国宇宙ステーション科学実験第1期プロジェクトの入選結果を発表した。17カ国・23の実体の9件が入選した。

これは中国の宇宙事業国際協力の重大かつ画期的な措置であり、中国有人宇宙事業が独自の発展から世界との協力の新時代に向かう重要な象徴だ。中国有人宇宙事業弁公室の郝淳主任は記者会見にて、「我々は今後、入選チームによるプロジェクトの展開をサポートすると同時に、国連宇宙部と緊密に連携し第2期協力プロジェクトの募集を行う」と述べた。

国連宇宙部のディピッポ部長は、中国政府が国連加盟国に向け宇宙ステーションを開放したことを高く評価した。中国のこの措置は有人宇宙事業の国際協力を力強く促進しており、より多くの国が有人宇宙技術の研究に参加する機会を手にした。国連2030アジェンダの目標達成を力強く支えると述べた。

中国有人宇宙事業弁公室と国際連合宇宙部は12日にウィーンで同部第62回会議を開催し、共同記者会見を開いた。国連と中国による中国宇宙ステーション科学実験第1期プロジェクトの入選結果を発表した。17カ国・23の実体の9件が入選した。

これは中国の宇宙事業国際協力の重大かつ画期的な措置であり、中国有人宇宙事業が独自の発展から世界との協力の新時代に向かう重要な象徴だ。中国有人宇宙事業弁公室の郝淳主任は記者会見にて、「我々は今後、入選チームによるプロジェクトの展開をサポートすると同時に、国連宇宙部と緊密に連携し第2期協力プロジェクトの募集を行う」と述べた。

国連宇宙部のディピッポ部長は、中国政府が国連加盟国に向け宇宙ステーションを開放したことを高く評価した。中国のこの措置は有人宇宙事業の国際協力を力強く促進しており、より多くの国が有人宇宙技術の研究に参加する機会を手にした。国連2030アジェンダの目標達成を力強く支えると述べた。

中国有人宇宙事業弁公室と国際連合宇宙部は12日にウィーンで同部第62回会議を開催し、共同記者会見を開いた。国連と中国による中国宇宙ステーション科学実験第1期プロジェクトの入選結果を発表した。17カ国・23の実体の9件が入選した。

これは中国の宇宙事業国際協力の重大かつ画期的な措置であり、中国有人宇宙事業が独自の発展から世界との協力の新時代に向かう重要な象徴だ。中国有人宇宙事業弁公室の郝淳主任は記者会見にて、「我々は今後、入選チームによるプロジェクトの展開をサポートすると同時に、国連宇宙部と緊密に連携し第2期協力プロジェクトの募集を行う」と述べた。

国連宇宙部のディピッポ部長は、中国政府が国連加盟国に向け宇宙ステーションを開放したことを高く評価した。中国のこの措置は有人宇宙事業の国際協力を力強く促進しており、より多くの国が有人宇宙技術の研究に参加する機会を手にした。国連2030アジェンダの目標達成を力強く支えると述べた。

中国有人宇宙事業弁公室と国際連合宇宙部は12日にウィーンで同部第62回会議を開催し、共同記者会見を開いた。国連と中国による中国宇宙ステーション科学実験第1期プロジェクトの入選結果を発表した。17カ国・23の実体の9件が入選した。

これは中国の宇宙事業国際協力の重大かつ画期的な措置であり、中国有人宇宙事業が独自の発展から世界との協力の新時代に向かう重要な象徴だ。中国有人宇宙事業弁公室の郝淳主任は記者会見にて、「我々は今後、入選チームによるプロジェクトの展開をサポートすると同時に、国連宇宙部と緊密に連携し第2期協力プロジェクトの募集を行う」と述べた。

国連宇宙部のディピッポ部長は、中国政府が国連加盟国に向け宇宙ステーションを開放したことを高く評価した。中国のこの措置は有人宇宙事業の国際協力を力強く促進しており、より多くの国が有人宇宙技術の研究に参加する機会を手にした。国連2030アジェンダの目標達成を力強く支えると述べた。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年6月13日