国家開発銀行が支援する湖北省武漢市青山区にある北湖下水処理場(人民日報撮影)

ザーサイの自動包装機を操作する作業員国家開発銀行が支援する重慶涪陵榨菜股份有限公司にて(人民日報撮影)

長江デルタが抱える人口は実に中国全体の40%以上、域内総生産も40%以上に上る。ここでの環境とグリーン発展への取り組み具合が中国の経済発展の質に直接関わってくる。

グリーン発展を模索する上で、如何にして資金繰り問題を解決すべきか。人民日報が先ごろ行った重慶市や湖北省などでの取材により、開発金融が好影響をもたらしている現状が明らかとなった。

国家開発銀行の支援のもと、長江三峡ダム沿線地域ではグリーン発展への取り組みが進んでおり、環境保全・美化の促進が図られている。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年6月12日