中国科学院古脊椎動物・古人類研究所(以下「同研究所」)の李春暁博士が14日、新たに発見された占祥アンフィキオン(ベアードッグ)の化石を見せてくれた。同研究所のチームは寧夏回族自治区同心地区で見つかったアンフィキオンの上顎の化石に基づき、中新世(2300万〜530万年前)のアンフィキオンの新種を発見した。古生物学者の邱占祥院士の名前から、占祥アンフィキオンと名付けられた。この重要な発見と研究論文はこのほど、米国の学術誌『Vertebrata Palasiatica』(電子版)に掲載された。

中国科学院古脊椎動物・古人類研究所(以下「同研究所」)の李春暁博士が14日、新たに発見された占祥アンフィキオン(ベアードッグ)の化石を見せてくれた。同研究所のチームは寧夏回族自治区同心地区で見つかったアンフィキオンの上顎の化石に基づき、中新世(2300万〜530万年前)のアンフィキオンの新種を発見した。古生物学者の邱占祥院士の名前から、占祥アンフィキオンと名付けられた。この重要な発見と研究論文はこのほど、米国の学術誌『Vertebrata Palasiatica』(電子版)に掲載された。

中国科学院古脊椎動物・古人類研究所(以下「同研究所」)の李春暁博士が14日、新たに発見された占祥アンフィキオン(ベアードッグ)の化石を見せてくれた。同研究所のチームは寧夏回族自治区同心地区で見つかったアンフィキオンの上顎の化石に基づき、中新世(2300万〜530万年前)のアンフィキオンの新種を発見した。古生物学者の邱占祥院士の名前から、占祥アンフィキオンと名付けられた。この重要な発見と研究論文はこのほど、米国の学術誌『Vertebrata Palasiatica』(電子版)に掲載された。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年3月15日