中国の税関総署が8日に発表した統計データによると、中国の今年1−10月の貨物貿易額は前年同期比11.3%増の25兆500億元となった。うち輸出額は7.9%増の13兆3500億元、輸入額は15.5%増の11兆7000億元。貿易黒字は26.1%減の1兆6500億元で、輸出入のバランスが改善された。

民間企業の今年1−10月の貿易額は14.6%増で、中国の貿易発展をけん引する大きな見所となった。また中国と「一帯一路」沿線諸国の貿易額の増加率も、同期の中国の貿易額全体を3.5ポイント上回った。主要貿易パートナーとの貿易は、依然として安定成長の流れを維持している。

海関総署統計分析司の李魁文司長は、次のように分析した。税関は輸入拡大という国の方針を着実に実行し、通関円滑化水準をさらに高めた。税関関連のビジネス環境の改善を続け、輸入の制度的なコストを削減し、輸入の潜在力を引き出した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年11月9日